安心宣言

シーエーシーグループでは、新種コンピュータウィルス・不正アクセス・漏えい事故や地震等の災害から会員様のデータを保護することの重要性をより一層認識し、また、会員様にストレスなくご利用いただくことをより意識して下記対策を実施しております。

cac
シーエーシーグループ安心宣言

1. データセンターの利用と社内LANシステムの強化
地震や火災等の物理的な破壊からサーバ群を保護し、システム停止のない安全稼働のために、当社サーバを安全性のきわめて高い専門施設のデータセンターに設置しており、さらにデータセンターと支社間をつなぐシステム回線についても当社専用線にて運用負荷軽減や災害に対しても強固な回線を利用しております。
2. 資産管理ソフトの導入
全従業員の作業状況を監視することで、会員様データの「紛失」、「削除」等の事故を防止しております。また、不正なソフトのインストールによるシステム障害の防止や個人的なUSB等のメディアの使用によるデータの流出を防止しております。
3. FAXペーパーレス化システムの導入
会員様からのFAXを特定の複合機より印刷せずにデータにて全従業者が共有管理することで、返信遅延、対応重複、FAX紛失等を防止し、また、会員様対応を個々のスキルに任せるのではなく、企業の対応として共有できるようにしております。紙使用量の削減にも貢献しています。
4. ウィルス対策及びネットワークセキュリティ強化
現状のウィルス対策の安全性を、より一層高度なものにすることでファイル交換ソフト(Winny、Share等)のウィルス感染等の脅威から会員様データをより強固に防御する対策をしております。
5. 電話及びFAX着信先変更システムの導入
停電、災害緊急時等に会員様センターにてお受けしているフリーコールやフリーFAXを瞬時に他支社に着信変更することで、止めることなくご対応できるようにしております。これは、当センターが全国展開を行こない、本部・支部が一体となったネットワークの強みであり、災害地域にある当センターの支部が被災した場合でも、最寄りの本部・支部が、すばやく応援に入れる体制を整えております。
6. メール一括管理ソフトの導入
会員様からのメールを全従業員にて共有管理することで、返信遅延、対応重複を防止し、また、会員様対応を個々のスキルに任せるのではなく、企業の対応として共有できるようにしております。

なおTSCを含むシーエーシーグループでは、国際規格であるISO27001の情報セキュリティマネジメントを認証しており、「行政手続における特定の個人を認識するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」に基づき、適正に管理・運営しております。

ISMS JSA ISMS AC